水野宏太HC

直近10試合で9勝1敗と、サンダーズの好調の理由を探る

直近10試合で9勝1敗と快進撃を見せる群馬クレインサンダーズ。シーズン前半は勝てない試合が続いて勝率5割を割っていたが、2月22日の大阪エヴェッサ戦を終えて21勝18敗と勝率を5割台に乗せてバイウイークを迎えた。残すとこ   →

三河戦で見えたサンダーズの苦悩と成長の証②

1月27、28日に、中地区2位の強豪・シーホース三河をホームに迎えた群馬クレインサンダーズ。1試合目は持ち味である攻守の切り替えの速いオフェンスで三河を圧倒。4Qで三河に追い上げられるものの、わずか3点差で逃げ切った。2   →

三河戦で見えたサンダーズの苦悩と成長の証①

1月27、28日に、中地区2位の強豪・シーホース三河をホームに迎えた群馬クレインサンダーズ。1試合目は持ち味である攻守の切り替えの速いオフェンスで三河を圧倒。4Qで三河に追い上げられるものの、わずか3点差で逃げ切った。2   →

外国籍2選手を欠く苦しい状況がチームの成長を促した。今後は勝率8割でチャンピオンシップ進出に向け巻き返しを図る

 今季は、本気でチャンピオンシップ進出を目指し、「打てば入る」と言われる3Pシューターの辻直人、抜群のディフェンス力とシュート力で昨季、琉球ゴールデンキングスを優勝に導いたコー・フリッピン、ユーロリーグで活躍していたNB   →

開幕から連敗に苦しむサンダーズに見えた成長の兆し

 今季は、本気でチャンピオンシップ進出を目指し、その先の優勝にチャレンジしていく目標を掲げたサンダーズ。しかし、宇都宮ブレックスとの開幕戦で連敗を喫し、ホーム開幕戦となった横浜BC戦で連勝したものの、その後アウェーゲーム   →

ホーム開幕戦で横浜BCに連勝した群馬サンダーズ。河村勇輝に2日間で70得点を許す厳しい展開の中で、見えたチームの可能性。

 10月7日に迎えたアウェーでの開幕戦。宇都宮ブレックスに対し、73-80、63-77で連敗。水野HCは、「この2試合で勝ち星は得られませんでしたが、プレシーズンからやってきている中で我慢できる時間帯というのは増えてきま   →

CS進出と、その先の優勝にチャレンジできる戦力が整った。

群馬クレインサンダーズ ヘッドコーチ水野 宏太 8月29日、オープンハウスアリーナ太田で報道陣向けに練習が公開され、その後、水野宏太ヘッドコーチと新キャプテン、新加入選手の囲み取材が行われた。その時に水野HCが語った今季   →

チームの成長を感じた水野体制1年目。サンダーズは競争心を持ち試合巧者のチームへと進化する。

群馬クレインサンダーズヘッドコーチ水野 宏太  2023-23シーズンに水野宏太氏をヘッドコーチ(HC)に迎えた群馬クレインサンダーズは、文化づくりの第一歩を踏み出した。試合後、負けた後でもコートの周りを囲むファンに丁寧   →

オプアリ初試合を勝利で飾ったサンダーズ。「自分たちが目指しているものに一歩近づけた試合」と水野HCもチームの成長を実感。

 構想から3年で、ついにオープンハウスアリーナ太田(通称オプアリ)が完成し、4月15日に杮(こめら)落しとなる群馬クレインサンダーズVS宇都宮ブレックス戦が開催され、クラブ史上最多の5262人の観客を集めた。15日は前半   →

5連敗から脱出したサンダーズ。チームで戦う大切さを胸に刻む

2月12日の試合後から約1カ月の間はリーグ戦がなかったが、3月8日のリーグ再開から2勝7敗と、チャンピオンシップ(CS)進出に向け1試合でも多く勝利が欲しい中でサンダーズは足踏み状態が続いていた。3月25日の秋田ノーザン   →