サンダーズ

大型補強の第一弾。稀代のシューター・辻直人がサンダーズに加入が決定!

   今季、広島ドラゴンフライズのキャプテンを務め、日本代表として長年活躍した辻直人の群馬クレインサンダーズへの来季の加入が決まった。 辻の魅力は、「打てば入る」と言われるほどの高確率で決める3ポイントシュート。このシュ   →

アシストランキング1位は、みんなでしっかりボールをシェアした証(あかし)。サンダーズの文化の一つになる。

今季、サンダーズに加入した並里成選手は、日本バスケットボール界のファンタジスタと呼ばれるほど、類稀なバスケットボールセンスを持つ選手である。琉球ゴールデンキングスという強豪クラブから移籍した並里選手の目に、今季のサンダー   →

オプアリを群馬が誇るエンタメ空間にしていきたい。

群馬クレインサンダーズ吉田真太郎GM 2023年4月15日にオープンハウスアリーナ太田(オプアリ)で群馬クレインサンダーズVS宇都宮ブレックスの杮(こけら)落しの試合が行われた。建築工事が終わってからわずか1週間で迎えた   →

オプアリ初試合を勝利で飾ったサンダーズ。「自分たちが目指しているものに一歩近づけた試合」と水野HCもチームの成長を実感。

 構想から3年で、ついにオープンハウスアリーナ太田(通称オプアリ)が完成し、4月15日に杮(こめら)落しとなる群馬クレインサンダーズVS宇都宮ブレックス戦が開催され、クラブ史上最多の5262人の観客を集めた。15日は前半   →

写真で紹介! オープンハウスアリーナ太田の初戦の様子

4月15日の報道陣向けの内覧会や試合前の演出、アリーナの屋外の様子などを紹介する。 ↑ アリーナ内のフードコート。会計はすべてキャッシュレスになっていて現金が使えない。来季はフードメニューを増やす予定。 ↑ アリーナ内の   →

太田市にオプアリができたことは群馬県にとっても画期的なこと

群馬クレインサンダーズ阿久澤毅 社長 2023年4月15日に構想から約3年でオープンハウスアリーナがオープンした。当日、午前10時から報道陣を集めた施設内覧会が行われ、その後に群馬クレインサンダーズの阿久澤毅社長が囲み取   →

オプアリは、Bーグが推奨する地方都市のアリーナのモデルケースになる。

島田慎二チェアマン 2023年4月15日についに新アリーナ「オープンハウスアリーナ太田」(通称オプアリ)がオープンした。宇都宮ブレックスとの杮(こめら)落しの試合に訪れたBリーグの島田慎二チェアマンが、試合後の記者会見で   →

応援してくださる皆さんのために、これまで培った経験をチームに還元する。

群馬クレインサンダーズ五十嵐 圭  Bリーグができる以前から日本のバスケットボール界を盛り上げるために貢献してきた五十嵐圭選手。サンダーズは今シーズン、文化づくりに本腰を入れて取り組んでいるが、この文化づくりはBリーグ最   →

菅原暉の決意。先輩ガード2人がいなくても、チームを勝たせられる選手にならなきゃいけない。

群馬クレインサンダーズ菅原 暉 3月に5連敗をしたサンダーズ。連敗脱出の原動力となった一つに菅原暉選手の活躍があった。現在はセカンドガードとして試合に出る菅原選手は、「練習からナリさん(並里成選手)とケイさん(五十嵐圭選   →

日本一へのプロセスの途中。サンダーズは成長し続けなければならない。

群馬クレインサンダーズマイケル・パーカー  筆者は、2006年から当時まだ創設2年目のbjリーグの取材を通しバスケットボールに触れてきた中で、2008年1月にライジング福岡に加入したマイケル・パーカー選手のbjリーグでの   →