hoshino edit office

群馬クレインサンダーズ、福島で活躍したエリック・マーフィーを獲得。ベン・ベンティルの離脱に伴い戦力を補強。

 群馬クレインサンダーズは10月24日、昨季、福島ファイヤーボンズ(B2)で活躍したPFのエリック・マーフィーの獲得を発表した。 今季、加入したばかりのベン・ベンティルが、わずか4試合の出場で右大腿骨骨挫傷のため戦線離脱   →

ホーム開幕戦で横浜BCに連勝した群馬サンダーズ。河村勇輝に2日間で70得点を許す厳しい展開の中で、見えたチームの可能性。

 10月7日に迎えたアウェーでの開幕戦。宇都宮ブレックスに対し、73-80、63-77で連敗。水野HCは、「この2試合で勝ち星は得られませんでしたが、プレシーズンからやってきている中で我慢できる時間帯というのは増えてきま   →

群馬クレインサンダーズの今季の事業構想

 いよいよ10月7日にサンダーズは開幕戦を迎える。今季のスローガンは、「BE BOLD ――臆するな、強く突き進め」だ。ちなみに「BOLD(ボールド)」には、「大胆な、勇敢な、果敢な」という意味がある。サンダーズは、目標   →

CS進出と、その先の優勝にチャレンジできる戦力が整った。

群馬クレインサンダーズ ヘッドコーチ水野 宏太 8月29日、オープンハウスアリーナ太田で報道陣向けに練習が公開され、その後、水野宏太ヘッドコーチと新キャプテン、新加入選手の囲み取材が行われた。その時に水野HCが語った今季   →

トップ対談 太田高校時代の教師と教え子が、プロスポーツで群馬を熱くする!

群馬クレインサンダーズ阿久澤 毅   ×ザスパクサツ群馬赤堀 洋 群馬クレインサンダーズとザスパクサツ群馬の強力タッグが実現しそうだ。サンダーズの阿久澤毅社長とザスパの赤堀社長は、太田高校時代の教師とその教え子という関係   →

群馬の高校野球2023 明和県央高校編④ 生方公英

互いに信頼し合った“日本一のバッテリー”。創部初の県準優勝に貢献した扇の要 生方公英(うぶかた・こうえい)3年・捕手2005年6月10日生まれ、沼田市立西中学校出身、169㎝・68㎏、右投右打 ピッチャーとして、エースの   →

群馬の高校野球2023 明和県央高校編③ 須藤奨太

エースで4番。熱く本気で野球に取り組んだ3年間 須藤奨太(すどう・しょうた)3年・投手2005年6月18日生まれ、安中市立第二中学校出身、174㎝・87㎏、左投左打 昨夏、2年生ながら背番号1を背負ったエースが、経験を積   →

群馬の高校野球2023 明和県央高校編② 野寺日翔

創部以来初の準優勝に導いた野寺のキャプテン力 野寺日翔(のでら・にちか)3年・内野手・キャプテン2005年8月23日生まれ、吉岡町立吉岡中学校出身、171㎝・68㎏、右投右打 一人ひとりの個性が強いチームをキャプテンとし   →

群馬の高校野球2023 明和県央高校編①

創部から40年で手にした2度の準優勝。関東大会で戦った経験がチームの財産になる 7月8日から始まった第105回全国高等学校野球選手権大会記念群馬大会が同月27日に閉幕し、8月6日から甲子園で始まる全国大会に群馬代表として   →

群馬の高校野球2023夏 高崎健康福祉大高崎高校編③ 半田真太郎

自分の代で健大の歴史を変える! 努力でポジションを勝ち取った努力家。持ち前の走力でチームを県の頂点へと導く。 夏の県予選で現在ベスト4に進出している健大高崎。今春のセンバツで力を出せず完敗した報徳学園戦(兵庫)をきっかけ   →